プロの対応力

diary

おはようございます!Mikeです。

いつもご訪問いただきありがとうございます。(^▽^)/
更新時刻,今日から変わりました。引き続きよろしくお願いいたします。

あっという間に7月ですね~。
6月も末になったごろからなんだか梅雨らしくなってきてしまいましたが…。

忙しく過ぎる日々ですが,これからもゴルフについてのお役立ち情報,練習・ラウンドの記録,ゴルフについて思うこと…等々,書いていきます。

さて,今日は院試があります!
家のことやらなにやらで,ワタクシMike,全く勉強していません~!
昨夜,夫氏を付き合わせて一夜漬けの対策したくらいです(◎_◎;)
あっはっは☆

私がそんなことをしている間,福島ではダンロップ・スリクソン福島オープンが行われていました。
いや,正確には雨で最終ラウンドが中止になったそうです。

これにより,3日目までの成績が通算20アンダーの星野陸也選手が優勝しました。

ちょこっと選手紹介。

星野陸也プロ

画像は日本経済新聞さんよりお借りしています。

名前  :星野陸也(ほしのりくや)
年齢  :23歳
生年月日:1996年5月12日
出身地 :茨城県
出身校 :水城高校
186cmの長身を生かした飛距離が武器。

2018年,フジサンケイクラシックでも優勝経験がある星野プロ。
今回の大会は中止となりましたが,「やっていてもたぶん優勝できました(笑)」と強気の語り口の中にも茶目っ気を漂わせていました。

今後はZOZOチャンピオンシップにも出場するそうです。期待の若手ですね!

さて…
残念なのは選手だけでなく,足を運んだギャラリーにとっても同じでしょう。
そこで驚きなのは,選手たちの対応力です。

スケジュール変更への対応力

選手会長の石川遼を始め,彼:星野陸也,他にも多くのプロたちがサイン会を開催したそうです。
また,元女子プロの古関美保さんも急遽トークショーを開くなど,ファンサービスに余念がなかったそうです。

そぼ降る雨のゴルフ場…。
憂鬱な気分になってしまいそうですが,選手はそれを払拭するようにサービスをしました。
サインをもらえた少年たちも嬉しそうです。
石川遼プロは「(また福島でのプレーを望んでくれる方がいるのは)嬉しい」と話していました。それが原動力なのでしょう。

ゴルフは自然との対話,自分自身との対話をしながらのスポーツといいます。
厳しい環境で戦うプロはやはり対応力が自然と身に付くのかもしれませんね。

私も…今日のタフな状況を切り抜ける対応力がほしいです!笑

ゴルフも院試も…ポチっと応援してください!

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary golfer
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント