妊娠中のトラブル

diary

こんにちは。
今日は妊娠中に起きたトラブルについて書きます。

トラブル

  • つわり

妊娠初期から多くの人が経験する「つわり」。
食べづわり、吐きづわりなど、トイレに駆け込んで「もしかして…」となるあれです。

妊娠が分かってすぐのころ、軽い頭痛が続き、奥歯が痛くなる、ということがありました。
同時に食欲がなくなり、少し気分が悪くなって、「ああ、これが『つわり』ってやつか~。」と思っていました。

が、その後食欲復活(笑)。
あれっと思いながら、フツーにご飯が美味しく食べられる、普段の自分に戻っていました。一度も吐くことがありませんでした。おかげで初期にもかかわらず順調に体重が増加しました。

頭痛も消えましたが、歯痛は歯医者に行き、「レントゲンが撮れないので虫歯かどうか分からないが、歯ぎしりの可能性もある」とのこと。マウスピースを作ったのに、完成を待つ間に痛みは消え、結局一回しか使いませんでした(;・∀・)

ありがたいことに「つわり」はほとんど感じずに過ごすことができたわけです。

  • 切迫流産

職場ではいつ上司に報告すべきか悩んでいました。

以前書きましたが、当時は社会人枠で大学院を受験し、そして合格していたのです。
受験に向けての対策・準備に莫大な労力と時間を費やしたため、ぜひ行きたいと思っていました。

妊娠を伝えたのは、3カ月頃だったと思います。(記憶がやや曖昧です)
「おめでとう!」上司は喜んでくれましたが、しかし大学院は…入学辞退するよう伝えられました。
あわよくば二足(三足?)の草鞋をと思っていたのですが、残念ながらやはりそれは許可できない、意欲があれば育休復帰後に挑戦するように、とのこと。

残念…。
しかしまずは無事に出産することが大事、と切り替えて仕事に励んでいました。

以前書いたように、妊娠初期には流産の可能性も高いので、同僚など上司以外の人には誰にも伝えませんでした。折しも数カ月前に流産を経験した方もいて、ますます気を遣いました…。
不自然でないように普段の仕事をこなし、少し体を動かすような作業もやりました。

それが良くなかったのか…あるいはその頃すごく寒い日が続き、体が冷えてしまったせいか、2月上旬ごろ急に体調を崩しました。
ずーんと下腹部に鈍痛を感じ、しばらく座って治るのを待ちましたが、一向に良くならず…「このままだと動けなくなるかも」と感じて、仕事を相談しました。

かかりつけの産婦人科はその日は休診。翌日受診して、「切迫流産」との診断でした。

流産、と疾病名に入っていると誤解されるのですが、切迫流産は「流産の一歩手前」の状態です。
一週間の安静の指示があり、迷惑をかけまいとした職場を結局休むことに…。

その後復帰しましたが、しばらくしてまた体調を崩して…ということがもう一度ありました。
今考えると、本当に、無理をするものではないですね…。
無事出産できたから良かったものの、何かあってからでは泣いて悔やんでも悔やみきれないですから。

そんな感じで、妊娠初期はどうにかこうにか綱渡りをしていた感じです。
今、あの頃の自分に会えるなら「無茶するな!」と言いたいです。
S子をこの時期守れるのは、自分しかいないのだから。

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント