試打クラブを打ってみたよ【MARUMAN】

diary

こんばんは!Mikeです。
先日の平日練習の際に見つけた試打クラブのことを書きます。

珍しいクラブを発見:MARUMAN

この練習場ではときどき見かけるんですが,試打クラブがこの日も置いてありました。
どれどれ,打ってみようじゃないの。

手に取ると,「マルマン…?」

ほとんど聞いたことない名前のクラブ。餃子やさんか,パチンコ店のような…。
あとから調べてみると,以前は日本の企業(禁煙パイポなどを製造していた!懐かしいww)だったが現在は買収され韓国企業となっているメーカーのようです。

一緒に置いてあったパンフのモデルも韓流っぽい。

おっぱい森杉でしょ…w

PINGと比較

Mikeのクラブと比較してみました。

(左:マルマン,右:ピン 以下同じ)

ヘッドはややMARUMANのがやや大きめ。
ステンレスヘッドらしく,ピカピカしてました。(反射でPINGが輝いて見える。)

長さはMARUMANのがやや長め。
MikeのPINGクラブもメンズモデルなのですが,それより長いって結構長身さん向けかも…。

スチールシャフトでしたが案外しなる感じがしました。
Zeros 7のRだったからかもしれません。
当たったときは,パワーのない人にとっては優しい(飛ばしてくれる)かも。

パンフレットもよく見ると,「やさしく飛ばす」ことを売り文句としている模様。

飛距離など

PRGRで測定してみました。
7IがPING,7iがMARUMANです。

番手 7I 7i
平均H/S 30.8 31.5
平均yard 125 125

…あれれ。飛距離が同じ?
しかもマルマンは始めの方にミス連発してたのに,後半によくなってきての結果です。

やはり「飛ばす」ことには傾注しているだけあります。
初心者モデルとしてなら十分ありかと。
もしくはパワーが落ちてきたけど,カーボンに代えるのは抵抗がある,中高年男性ゴルファー向けといったところでしょうか。

ただしお値段は高め。(オープンでしょうがアイアン単品\20,000也。)Σ(・ω・ノ)ノ!

また,PINGのスペックを改めて見てみると,
【7I】
ロフト角(度):30
ライ角(度):62
総重量(g)・バランス:365・C9
【ALTA J CB RED】
FREX:SR
重量(g):54
トルク(度):4.7
キックポイント:中先

対してMARUMANは,
【7I】
ロフト角(度):27
ライ角(度):61
総重量(g)・バランス:388・D0
【N.S.PRO ZEROS 7】
FREX:R
重量(g):74
トルク(度):2.8
キックポイント:先

でした。
気になったのは,マルマンのがけっこうロフト立ってるな~ということ。
PINGの6I(ロフト26.5°)に近いじゃん。

これじゃあ飛ぶわ…。

使っている人を見かけたことが全くないですが,どのくらいのシェアがあるんでしょうか。
知りたいところです…。
そして良さを教えてほしい。

まあPINGびいきのMike,今のところ乗り換えるつもりはまったくないんですがね…。

ポチっと応援お願いします!

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント