スポーツ選手に朗報!腸内を整えてゴルフ上達を目指す?

diary

おはようございます!Mikeです。

いつもご訪問いただきありがとうございます。(^▽^)/

脱・初心者を目指して奮闘中のMikeが綴るゴルフ日記です。
一歩進んで二歩下がる~♪ような腕前ですが,どうぞ温かく見守ってください。

私はマイカー通勤をしています。
職場までの30分間ちょっと,朝はTBSラジオで「森本毅郎スタンバイ!」を聞きながら運転しています。テレビのないMike家にとって,ネット以外の貴重な情報源です。笑

この日もラジオをつけて車を走らせていると,「マラソン菌が発見されました!」のニュース。おかしなタイトルにスタジオは失笑。森本毅郎さんも「おかしくなっちゃったの」などと茶化して笑っています。

が,ハーバード大などの研究チームが発見した腸内細菌についての至極真面目なニュースでした。

曰く,腸内には腸内フローラ(お花畑)と呼ばれる,100種類100兆個以上の菌が存在しており,その働きはまだすべて解明されてはいません。
エリートランナーの腸内を調べたところ,共通して見つかったのがこのマラソン菌こと,「ベイロネラ」という菌だったのです。この菌は,乳酸を食べ脂肪酸に変えることで疲れにくくする:持久力を高める菌です。
この「ベイロネラ」を取り出し,マウスに投与したところ,普通のマウスと比較してランニングマシンで走れる時間が13%アップした…というのが医学誌に掲載された研究の概要でした。

もし,この菌がタブレット化され,人間に投与されたりしたら…。
市民ランナーらの間で需要が高まりそうですね。
森本さんは「ドーピングにならないのか」と疑問を呈していましたが,もともとの腸内にいた菌か否かを判定する方法があるのかは不明とのことでした。

ふ~ん,そんな菌があるんだ…。
しかし…。ゴルフには持久力,必要なのかな?

4日間通して競技を行うプロならともかく,カートもあるし,そこまで体力のない人でも楽しめるのがゴルフの良さですよね~。

ただ,体力あったほうが,プレー後の疲れは残らなさそう。
ちなみに,私は小学校時代のマラソン大会はほぼ菌…いや金メダルでした٩( ”ω” )و
気が向けばマラソンも出ますし,42.195㎞走ったこともあります。

もしかして…持ってる?笑

腸内にベイロネラがいるか,調べられるなら調べたい!と思ったMikeでありました。

さて…夕方にはゴルフ練習して帰ることにします!
練習記事はまた後日書きます(*^_^*)

腸内フローラを整えて,楽しくプレーしましょう♪

↓楽天口コミ1位

ポチっと応援してください!

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント