反省レッスン!

diary

こんばんは!Mikeです。

(ああ,先生に100切り報告できるかと思ったのにな…。
先日のラウンド後,失意の中,反省のレッスンに行ってきました。
カーステのラジオでは「自分は(桜に例えると)何分咲き?」というトピックで投稿を紹介していましたが,私はゴルフではまだまだ,3分咲きくらいかな~。

9I

いつものように9番から。

「新しいクラブはまだ来ないの?」と先生。
「そういえば,ピンのユーティリティ,雑誌ですべて星5つだったね!」
…つかまり感とか飛距離など,各項目ごとに新作のユーティリティを比較した雑誌の特集で,PINGユーティリティは最高評価だったみたいです。

私のクラブが届いたら,試打してみたいようです。笑

4月になってからというだけで,いつになるかは不明の状態。
XXIOが使い勝手良いので,いつでもいいか~,という気分になってます。

何球か打っていると,なんだかダフリ気味。
「うーん,どうしたものかね…。スイング軌道はいいんだけど,振り遅れてる。カクカクしてる。」と言われました。

「(クラブを両手で持って)こう,左脇を締めて腕も一緒に回るように」と。

何回か先生の真似をして,クラブを両手で持って回るようにしてから普通に打つと,すごく良い当たり!

ちょっとしたところで変わるんだな~,とびっくりです。
自分でもその調節ができるようになるといいんですが,まだまだ。
ただ,どこが悪いのか,ミスの原因なのかはすこーし分かってきた気がします。

AW

「これやってみましょう」
と次に差し出されたのはAW。

100ydのグリーンにはほとんど乗らないけど,この日は落ちる位置が安定してカラー左端の辺りなので,ぼちぼちといったところでしょうか。

レッスン合間に先日のラウンドで「基本3パットでした」と話すと,先生はびっくり。
「僕ら(プロ)が3パットしたら,次のティーショットに影響しますよ。ガッカリしすぎて。」
でしょうね,私だってガッカリでした…。もっとパット上手くなりたいです!

もう一人の生徒さんに話しかける先生。
「ゴールデンなんかじゃグリーンは難しいよね。」と生徒さん。
先生もゴールデンレイクスのグリーン,という点では難しさに納得していました。

そんな話から,その生徒さんのクラブもXXIOだと知り,打たせてもらうことに。
ちなみに齢60過ぎ位のオジサマとお見受けしましたが,FLEX:RのXXIO 10。
Mike(の父)のXXIO 9のシャフトより,数グラム軽いものでした。このナインは先生曰く,ちょっと重くしてるのかな?ということです。

振ってみると,
9番アイアン,めちゃくちゃ飛びます!

シャフトの重さが変わると,かなり飛び方も違うんですね…。

そんなこんなで,ちょっとおしゃべりタイムになりました。笑

ドライバー

ドライバーは気持ちよく打てています。
が,やはり時々出る左寄りの球。
振り遅れのためでしょうか。確認したかったですが,時間がきてレッスン終了。

合計で150球ほど打ちました。

おしゃべりしていた割には,かなり球数打ったなという感じです。

もっと一打一打に集中して打たないとな~。

ポチっと応援お願いします!

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント