NEWクラブ初打ち PINGの打感をチェック!

diary

こんばんは!Mikeです。

前の週末,新しいクラブを受け取ってきました!
丁度その日がレッスンだったので,さっそく全番手試打してきました♪
Bubba Watson氏と同じPINGだよ~。アイキャッチは彼のインスタよりお借りしました。

 

先生,新しいクラブを見てうれしそう。笑
待ちきれずに練習場のロビーで私のキャディバをチェックし,「うわぁ~。しっぶいねぇ,これ…」としきりに感嘆の声をあげていました。
レッスンに来たいろんな人に「これニュークラブだって。いいよね~。」とか,いちいち報告…。笑
ここまで新クラブを宣伝?してくれるのは,ちょっと恥ずかしいですがうれしかったです!

9I

まず9I。何球か打って,ダフリは多いけど当たるとかなり飛ぶ感じがしました。
ヘッドも,XXIO 9と比べると小さい気がします。

新しいクラブはシャフトがまだ馴染んでない,というか,打ち始めは堅い感じがするそうです。
たくさん練習するうちにもっとなじむかな?

56°

続いて56度。フォージドモデルを入念にチェックしていた先生,「フェース面の削り方がきれいだし,反対もシャープでかっこいいね。PINGは相当力をいれてますよ。」と。
確かに,相当かっこいいです。

細かな網目模様が入っていて,ヘッドは薄く小さくなっていて。
GLIDE 2.0のモデルもありましたが,私はGLIDE FORGEDにして満足です!

構えてみるとかなり難しそうですが,
シャフト自体の重さもあり,安定して振れる感じがしました。
(ウェッジだけN.S. PRO MODUS³ TOUR 105のRを使用してます。)

52°とUWの打ち比べ

GLIDE FORGEDの52度を先に打ちます。
目標よりわずかに飛びませんでした。70~80ydくらい。

その後でアイアンの流れのUWを打ちます。
だいたい80~90ydを少し超えるくらい。

その差約8yd程度。
先生はそれが大事というけれど,正直安定していない今のMikeにはそこまで刻むことを考える必要性は?です…。
でもいずれこの差を考えて番手を選べるようになりたいですね~。

ウッド系

特にドライバーは10.5°で打ったら飛距離が出ず,フォークボールみたいにカクン!と落ちました…(◎_◎;)
「スピン量が足りてない」と言われ,持ってきたカチカチやるやつでロフト角調整。簡単に直すことができました。

ドライバー:10.5°→12°
フェアウェイウッド5:17.5°→1.5°
ハイブリッド4:22°→23°

と調整しました。

すると,かくんと下に落ちるのはなくなり,W5やU4のつかまりがだいぶ良くなった感じ。
ドライバーはもう少し…練習が必要です。(;^_^A

アイアン

PW,8I,7I,6Iと打ちます。
PWで100yd,そこから10ydちょいずつ伸びていって,6Iでは何とか150yd近くのグリーンにオン。
目標は7Iでオンすること。慣れてきて,当たりがよければいけそうな気がします。

 

半袖でやったのですが,午後は風が出てやや寒かったです。
けど新しいクラブを握って,練習にやる気が出てきました♪

クラブが早くなじむように頑張ろっと(^▽^)/

ポチっと応援お願いします!

 

 



スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

diary
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント