住宅ローンはARUHIで!

economy

こんばんは!Mikeです。

快適なゴルフライフを送るために,環境作りにも目を向けています笑!
ゴルフのある暮らしがしたいです♪
というわけで,Mikeの家づくりシリーズもお付き合いくださいませ。

家を建てることや,住宅メーカー選びについての話を書きました。
さて,そんな中で,高額になる住宅購入資金をどう賄うかが重要課題となってきます。
今日は住宅ローン会社選びについて書きたいと思います。

住宅ローン

このブログをご覧になっている方の中には,戸建ての家をお持ちの方,分譲マンション住まいの方,賃貸派の方等さまざまいらっしゃると思います。

Mikeの在住地方では,戸建てに住むのが一般的であり,また田舎ゆえ十数年後の売却などは難しいので,ずっと住み続けることになりそうです。したがって資産価値を求めての購入ではないという前提です。

住宅ローンは,高額の買い物=住宅購入資金を契約者に代わって支払ってくれる会社。
どこを選ぶか,またフラット35のような固定利率のにするか,変動利率のにするか,迷いました。

候補に挙がったのは2社です。

住信SBIネット銀行
ARUHI

住信SBIネット銀行の住宅ローン変動利率金利は,業界最低水準(2019年2月調べ)。
自分でも口座を持っていることから,借りることができればありがたいと思っていました。

ARUHIは住宅ローン専門金融機関。こちらも最低水準の金利。
夫が調べて見つけてきたものです。

初めは住信で!と考えていましたが,なにせ田舎。さらに私の場合,分筆やら何やらで農地転用の申請を出さねばなりませんでした。
住信さん,農転された土地の建築に対しては資産価値を認めず,申し込んでも審査に通らない,と…。
ちょっとガックリです…。_| ̄|○

一方,ARUHIのほうは審査に出しても大丈夫そうだということで,ネットで申し込み後,面談に行きました。
審査の結果,融資実行可能という結果に!
よかった~。

選んだのはフラット35

さて,変動か固定か…。
もちろん金利が低くなるのは変動ですが,長期にわたる超低金利時代もそろそろ終わりかも…という懸念もあります。

ARUHIフラット35Sの金利は,当初5年間0.68%,残り期間0.930%(2019年2月)。
このプランは,3月末までに申し込めば年0.25%の金利引き下げとなる,というもの。

0.25%引き下げがどのくらいお得かというと…
例えば,借入額が3,000万,借入金利が年1.4%(融資率9割以下,団信付き)の場合,返済総額で39万514円安くなります。

ちなみにMikeは団信なし(死亡保険で賄う),頭金2割を支払い済みのため,さらに優遇されているのでこの金利です。

すごい,さすがマイナス金利Σ(・ω・ノ)ノ!
これだけであれば,固定にして安心を買うよりほかはない。ということで,フラット35に決めました。

これで,住宅ローン減税対象の10年目までめいっぱい恩恵を受け,10年目以降に一気に繰り上げ返済!!
浮いたお金で,たっぷりゴルフライフを楽しもうと思います(^▽^)/

ポチっと応援お願いします!

コメント