ギア熱が止まらない!ウェッジ比較検討~GLIDE FORGED / GLIDE 2.0

goods

こんばんは!Mikeです。

TOURSTAGE V771を手放して数日。
ゴルフができない日々が続いております…。

平日そんなにするわけではないのに,「ない」となると練習がしたくなる…。
不思議です。笑

今回は検討しているウェッジについて書きます。

先日のレッスンで,先生に購入クラブについての相談をしたMike。
先生の第一声は「(FLEX)Sはやめといた方がいいでしょう。」でした。(´-∀-`;)

…先生,Mikeもそう思い始めておりました~。
というわけで,PINGのG410,シャフトALTA JCB REDはFLEX:SRかRにします。

あと,クラブを丸ごと売ってしまったため,パター以外は揃える必要が出てきました。
パターは室内練習用にしていたODDYSEYをラウンド用に昇格,ということで。

まずはウェッジ。
セット価格で見積もってもらった#7~PW以外にも,UWとウェッジ2本が必要,とのアドバイス。

PINGで探していたところ,
GLIDE FORGED
GLIDE 2.0
という2タイプがあることを知りました。

FORGEDは薄くてフェース裏面が網目状?に加工されていて,希望があれば柄も入れられるおしゃれ度も高いウェッジ。

GLIDE FORGED

2.0はそれよりもっと厚みがあって,もっさりした感じ。(あくまでFORGEDとの比較です。)

GLIDE 2.0

う~ん,と私が悩んでいると,夫は「FORGEDはマッスルバックじゃないの?絶対難しいやつだよ」と。
確かに見た感じ難しそう。2.0のが初心者向きな気がします。

先生にどちらがいいか聞いてみると,「FORGEDです。」と即答。
ええ~,難しそうだけど大丈夫ですか?
詳しく聞くと,「ウェッジはだいたいこんな形ですよ。大丈夫。カッコいい方を選んでください。」とのこと。
そ,そうなんですか…。

52°と56°を勧められました。
ただアイアンの流れのUWは49.5°になってます。
UWと52°の間,2.5°しかないけど平気?
それともウェッジ専用になるから(シャフトもスチールだし)ロフトはあまり気にしなくていいのかな?

うーん。もう少し悩んでみます。

この日は先生,いつもより30分くらい長く私の練習に付き合ってくれました。
「これ打ってみて。」と渡された先生のウェッジ,52°と58°はずっしり。
Mikeのとはだいぶ重さが違いました。

アドレスでも,58°はMikeの(おそらく56°)と比べると,かなりフェースが上を向いている感じ。
振ってみます。

それなりにいい当たりで,50ydの表示に転がって当たりました。

先生クラブ。
Titleist VOKEY TVD58

使い込まれていて鈍く光っているのがクール。

ツアー バン・デザイン(TVD)というのは,ボブ・ボーケイ氏が,U.S.PGAツアーにおいてプロからのさまざまな要望に応え,その長年の経験から得た全ての知識を注ぎ込んだボーケイ氏の集大成ウェッジ――とのこと。

以下より引用:

Titleist GOLF CLUBS : VOKEY DESIGN TVD WEDGES | ボーケイ・ウェッジ ツアー バン・デザイン(TVD)
Titleist(タイトリスト)は、アメリカに本拠をもつゴルフ用品全般のブランドです。特にゴルフボールは、世界No.1ボールとして、多くのゴルファーの信頼を得ています。

意外に打ちやすく感じたのは,クラブ自体の重さのため,腕がよけいな動きをしないで済んだから…?と思いました。

あと先生曰く「バウンスは12°だったかな?」と。HPでみると8°でしたが,古いからモデルチェンジして変わっているかもしれません。
12°だったら,打ちやすさはそのためかもしれません。

ウェッジも,購入前に一度試打したいな~。

↓ボーケイまたはグライドを使っている,使ったことのある,使ってみたい方はプッシュ!

スポンサーリンク
PING G410 PLUS DRIVER

PINGの最新シリーズG410プラスドライバー。渋野日向子選手を全英オープン優勝に導いた一本。鈴木愛選手,比嘉真美子選手らも使用。

SRIXON Z585 DRIVER

SRIXONのZ585ドライバー。初中級者にもやさしいロフト10.5°の仕様。

XXIO X DRIVER

大人気のXXIOシリーズのテン。Mikeが使用していたのは9ですが,試打させてもらったXも飛距離抜群。

goods
スポンサーリンク
シェアする
MikeTreeをフォローする
Mikeママのゴルフdiary

コメント